手術室 近年は若い人たちの中でも自分の歯を粗末に扱ってしまう人が多く、すべての歯をインプラントに変えてしまう人もいます。
そもそもインプラントという治療方法は歯の治療法の中でも比較的最近できたもので、現在まで具体的な手術のやり方も少しずつ変わっていっています。

最近のインプラント治療では、CTによって患者の口の中をスキャンして手術のシュミレーションをしていきます。
この時に、正確にインプラントの埋入が行われるようにしていくのですがこのようなインプラントを正確に患者の口の中に入れていくことを可能にするシステムをノーベルガイドと言って現在広く使用されています。
それに麻酔とノーベルガイドによって歯茎へのダメージを最小限に済ませることができますから無痛治療を可能にしています。
それに、ノーベルガイドを使用することによって歯肉切開時に神経を切断してしまうリスクを避けることが可能になっているので術後のリスクで最も厄介な神経系の後遺症を起こすことなく生活することができるのも最近のインプラント治療の特徴と言えます。

CTスキャンをしてノーベルガイドを使用しない場合は診断の後、手術に入るのですが手術は合計二回行われます。
一回目の手術では麻酔をした後に歯肉を切開して、人口歯を支えるためのインプラントを埋入していき、二回目の手術ではインプラントに仮の歯を装着していきます。
そこで、全体のバランスや色の調和がとれたら事前につくっておいた人工歯をインプラントに装着して終わりです。
その後はかみ合わせなどの問題をメンテナンスによってサポートしていくことになっています。

男性の顎 以前では、インプラントは顎の骨に接合しなければならないため、顎の骨が少ない人にはインプラント手術は行えなかったのですが、再生医療の発達で歯肉や歯槽骨を再生できるようになったのでそういった顎の骨が少ない人でも治療を受けることが可能になっています。
また手術の失敗リスクも技術の進歩で低下しつつありますが、手術が失敗して痛みや痺れが残ったままになる場合もあります。

以上のように、インプラントの治療は昔と違ってノーベルガイドによる無痛治療や再生医療の発達によって誰でも気軽に行えるものとなりました。
それにインプラントの経験が豊富な医師も増えているので技術的に安心できる環境が完成されています。
現在は、インプラント治療なら東京が一番安心と言われており、多くの歯医者が存在しています。
しかし、デメリットも依然として残っており、細菌による感染によるインプラント周囲炎にかかって手術が台無しになるケースがありますから、まだまだ課題もある治療法となっています。

体の消化器系にまで影響する歯の歯列矯正

歯科矯正のメリットを考える女性 歯の歯列矯正をしている人は最近では珍しくはありませんが、歯列矯正には様々なメリットが存在しています。
歯列矯正は単純に見た目の均衡を保つために行う人が多いですが、実際は健康状態に大きな影響を与えてくれます。

歯列矯正によって左右のかみ合わせが整えば、左右の表情筋が均等に扱われるのでしわなどの改善にもなりますから笑顔が増えます。
笑顔が増えればそれだけ副交感神経が優位になっている期間が長くなりますから、ストレスの軽減につながって活性酸素の大量発生などの悪影響を取り除くことができます。

それに歯列矯正によって、歯のかみ合わせを治せば消化器官への負担を減らすことができるので胃腸の健康のためにも歯列矯正は重要です。
これは、歯並びが悪いがために一般的な人達よりも食べ物が上手く咀嚼されず、胃腸に負担をかけてしまうことを避けるために必要なことです
また、歯並びが悪いために頭骸骨のバランスが崩れてしまうことを防ぐことができます。
頭蓋骨の均衡が崩れると、身体のいたるところに不要な負荷がかかってしまうため、身体のバランスが崩れてしまいます。
そのため、歯列矯正によって歯のバランスを整えなければ一生姿勢が悪かったり、身体の節々が痛んだりといった症状が発生してしまいます。

歯の歯列矯正は若者がだけでなく、40代以上の方にとってもメリットがあるものです。
特に自律神経失調症の原因を一つ取り除くことができるので大いにやる価値があります。
それに歯周病の対策にもなりえますからやっておいて損はありません。
ただ、歯周病に関しては逆になりやすくなるリスクも潜んでいるので医師との相談によってベストな選択をするのがいいと思います。

歯列矯正のデメリットに関しては、歯に強制具によって力を加えることで歯の根がぐらついてしまうケースや、虫歯が悪化してしまうケース、顎関節症になってしまうケースが主にあります。
特に顎関節症に関しては、ひどい場合には口を開けるだけで音がなってしまうぐらい顎の関節が歪む場合があるのでやっかいなのですが、そうなる前に信頼できる医師と事前に話し合いをしっかりして未然に防ぐことが重要です。
以上のように、歯の歯列矯正には様々なメリットとデメリットがあり医師とのうまい連携が大事になってくるのですが、身体の歪みが治ることによって得られる恩恵は表面的な部分だけでなく体内の消化器官にまで及ぶので、非常に効力の高い治療法だと言えます。

新着記事一覧